ブーケ・ブートニアセレモニー

突然ですが新郎さま!

最近いつお花のプレゼントをしましたか?

男性にとってはお花屋さんに行くこと自体が、気恥ずかしいものですよね。

 

 

その昔、婚約指輪がない時代

男性は女性にプロポーズをするために

野の花を集めて女性のもとへ向かいます

1輪ずつお花を集めながら新婦さまへと思いをはせる新郎さま

花束が完成するころには新婦様のもとへ到着です

新郎さまはプロポーズのことばとともに花束を渡します

この花束が後に

ブーケ

と呼ばれるようになります

 

花束をもらった女性はお返事のことばとともに

花束の中から1輪の花を男性の胸ポケットに挿します

このお返しの1輪の花が後に

ブートニア

と呼ばれるようになります

 

まだきちんとしたプロポーズをしていないという方

プロポーズはひざまずいて受けるのが夢だったという方

結婚式は気恥ずかしくなんてありません

普段できないからこそ、結婚式の日にしてみませんか?

 

今週末の3連休に憧れの大聖堂が見学ができるフェアを開催

14日と16日はブランアンジュの8月から始まる

婚礼新メニューが体験できる無料試食会も開催♪

スタッフイチオシは14日の11時から体験できる無料試食会がおすすめ!

ぜひこの機会にブランアンジュを見に来てみませんか?

皆様からのご予約をお待ちしております!

来店予約:https://goo.gl/4mYpxZ

0120-104-962

【Garden Wedding♪】

皆様こんにちは♬

いつもブランアンジュのブログをご覧いただき誠にありがとうございます☆

もうすぐGW

皆様どのようにお過ごしのご予定でしょうか…?

 

気候も暖かく過ごしやすくなってきた今日この頃、

本日はブランアンジュでおすすめの

ガーデンウェディングについてご紹介させて頂こうと思います!

 

ブランアンジュでは、海が望める最高のロケーションの中

ガーデンにあるガゼボにてガーデン挙式を行っていただけます♬

 

広々としたガーデンにナチュラルで可愛いウッド調の椅子を並べて

お好きなコーディネートをおふたりにお楽しみいただけます!

 

ガゼボにも手作りのガーランドやグリーンで装飾しても素敵です♬

 

そして、挙式の後はそのままガーデンにてアフターセレモニーを…

周りに高い建物がないのでバルーンリリースなどの演出も映えます💕

 

 

このように、ブランアンジュでは大聖堂チャペル以外にも

ガーデンにてアットホームでナチュラルなウェディングもご提案させて頂いております♬

 

皆様も是非、ブランアンジュでおしゃれウェディングを

楽しんでみてはいかがでしょうか・・・??

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

徳島県の結婚式場 ブランアンジュでは
徳島市内のリバーサイドに佇む
3000坪の広大な敷地にて

溢れるゲストの皆様の笑顔
ゆったりと流れる時間
至福の3時間のパーティ
徳島県最大級の広さを誇るチャペル

このような
最高のひと時をお楽しみいただけます♪

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

ご見学お問い合わせはこちらまで↓↓
TEL:0120-104-962
NET:フェア予約

皆様のご来館、
心よりお待ち申し上げております!

 

【Garden Ceremony♬】

本日はブランアンジュの
おすすめセレモニーのご紹介!

春の心地よい季節の中、
ブランアンジュで大人気なのは
『フラワーシャワー』の演出♬


ブランアンジュでは
このフラワーシャワーの演出、
最高の景色が望める大階段にて行います!

空を見上げると大きく広がる
『最高の青空』
周りを見るとゲストの皆様の
『最高の笑顔』
そして皆様によって行われる
『カラフルなフラワーシャワー』


素敵な空間が二人を包み込みます…❤

是非皆様も、
このような演出を楽しんでみませんか??

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

またブランアンジュへ4月中に
ご見学にお越しいただきましたお客様には

ウェディングシューズ
『BENIR』or『イサムモリタ』


こちらをなんとプレゼント!

ご結婚式での1日。
足元まで素敵なものを身につけて
1日を過ごしてみませんか?

気になる方は、
是非4月中にブランアンジュへ♬

※こちらのプレゼントに関しましては
ブランアンジュへ初めてのご来館のお客様に限ります。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

徳島県の結婚式場 ブランアンジュでは
徳島市内のリバーサイドに佇む
3000坪の広大な敷地にて

溢れるゲストの皆様の笑顔
ゆったりと流れる時間
至福の3時間のパーティ
徳島県最大級の広さを誇るチャペル

このような
最高のひと時をお楽しみいただけます♪

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

ご見学お問い合わせはこちらまで↓↓
TEL:0120-104-962
NET:http://blanc-ange.net/

皆様のご来館、
心よりお待ち申し上げております!

ウェディングベール

徳島の結婚式場、ブランアンジュです。

ウェディングベール

ウェディングベールは

新婦さまを

邪悪なものから

守ってくれる

 

といわれています。

 

結婚式当日

メイクをし

ドレスをお召しになった新婦さまの

 

最後の身支度

 

それがベールダウンです。

 

これまで

大切に育ててきた娘さまを

新郎さまへと送り出す

ご家族。

 

これまでも

これからも

娘であることには変わりないけれど

それでもなんだか

さみしいものです

 

結婚式の準備をがんばる娘と

ゆっくり話したいこともあるのだけれど

 

なかなか忙しくて伝えられていない

 

それに何だか家では恥ずかしくて

改めて目を見て伝えられるだろうか。

 

 

 

 

 

これからもがんばって

 

 

 

 

困ったことがあったら

いつでも帰っておいで

 

お料理もっと一緒に作ってあげればよかった

 

緊張をときほぐしてあげたい

 

結婚式前のすべての思いを込めて。

ご家族の愛に守られた

新婦さま

そのウェディングベールをあげることが

許されるのは

新婦さまに永遠の愛を誓う

新郎さま

だけです。

誓いのキスは最大のシャッターチャンス。

 

ゲストの皆様も楽しみにされている

こととは思いますが

 

この瞬間だけは

 

 

お2人はお2人の世界

 

 

迎えていただきたいですね。

 

写真提供:フォトアート・コジマ

 

フェア案内

 

ヴァージンロード

徳島の結婚式場、ブランアンジュです。

お2人をお祝いするために集まってくれた

すべてのゲストの視線が集中するこの瞬間

期待と緊張を抱えながら進む

ヴァージンロード

小さいころからヴァージンロード

を歩くのが夢だった

という方も多いのではないでしょうか?

 

このヴァージンロード

 

意味を知って

より

素敵

意味深いもの

にしてみませんか?

 

ヴァージンロードとは

 

新婦さまの人生の象徴

 

だといわれています。

 

 

扉が開くこの時が

新婦さまが産まれた瞬間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめてのお誕生日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめてのハイハイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰よりも緊張した小学校の入学式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だれにも負けなかった運動会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高熱をだして心配させたこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わがままをいって困らせたこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就職を自分のことのように喜んでくれたこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚が決まった時の少しさみしそうな表情

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでのたくさんの想い出を胸に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一歩一歩ゆっくりと進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その先に待つのが愛する新郎さま。

これまでの

 

人生を導いてくれたご家族

 

から、

これからの

 

人生をともに歩む新郎さま

 

へと

 

バトンタッチ

 

さて

祭壇で愛を誓いあって

ご夫婦となられたお2人。

 

そのお2人が初めて一緒に歩く道。

これがヴァージンロードです。

 

 

涙が流れても、緊張しても

 

 

胸を張って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堂々と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩いていただきたいと

 

思います。

 

 

写真提供:フォトアート・コジマ

 

 

フェア案内